TATIKUNLOG.

主にゲーム作りについて書き留めるブログ。

Kritaで白黒マスクをかけて描画領域を限定する



PR

はじめに

Blenderモデリングしているときに、

UV情報とテクスチャを絵描きソフトに持って行って描くことがあります。

Kritaで領域ごとにマスクをかけて色を塗りたいときにどうするか分からなかったので、

調べた方法をメモしておきます。

手順

f:id:tat1kun:20210619002405p:plain

↑図のように、白黒のマスク画像で切り抜く領域を白色で指定

青い画像を切り抜く画像だとすると、

青い丸が切り抜かれる という感じの一連の流れを行います。

まず一定領域を切り取るためのマスクを用意します。

f:id:tat1kun:20210619002311p:plain

次に切り抜かれる画像を用意します。

f:id:tat1kun:20210619002600p:plain

f:id:tat1kun:20210619002624j:plain

切り抜かれる画像の直上のレイヤーにマスク画像をおき、

変換 ー> 透過マスクへ を選択します。

すると、下図のようにマスク画像の下のレイヤーにあった青い画像の下に、

マスク画像が入り込みます。

f:id:tat1kun:20210619002734j:plain 

描画結果

f:id:tat1kun:20210619002856p:plain

無事、一面青の画像が白い領域で切り取られました。

余談

今回は白黒レイヤーを作成して、切り取る方法を紹介しましたが、

冒頭で言及してたBlenderのテクスチャ塗り分けの際には、

選択マスクから透過マスクへ変換してました。

f:id:tat1kun:20210619003458j:plain

今回使用した透過マスクを選択マスクへ変換すると……

f:id:tat1kun:20210619003818j:plain

こんな感じにマスク領域が選択領域へと変換されます。

選択領域に対しては一括塗りつぶしができるため、赤で塗りつぶすと図のようになりました。

f:id:tat1kun:20210619003830j:plain